欧州伝承推理ゲーム 嘘つき村の人狼 - イベント

0


    輸入ボードゲームショップ「ドロッセルマイヤーズ」さん主催で、
    人狼という伝統ゲームを大人数でやろうというイベントを開催することになりました。

    私はアートディレクターとしてデザイン全般まかせていただきつつ、
    企画自体にもいろいろ口やら手やらを出させていただいています。

    告知サイトはこちらです。
    欧州伝承推理ゲーム 嘘つき村の人狼

    今出ているのは第一弾イメージビジュアルで、
    いろいろバージョンアップするはずの最終形イメージビジュアルを作っているところです。

    2月8日(水)にはチケットが発売されるので、
    ご参加いただけると嬉しいです!

    詳しくはドロッセルマイヤーズさんのブログで説明して行く予定ですので、
    ぜひ見に行ってみてください。



    人狼についてご説明しておくと。

    私がふだん遊んでいるボードゲーム、テーブルゲームの一種なのですが、
    人が集まって会話で進めるゲームです。
    最低限、配役カードが必要なだけで、ほかにサイコロもコマもボードも使いません。

    参加する人たちはみな、ある村の住人ということになるのですが、
    その中にまぎれている人狼を探し出すことになります。
    人狼役はランダムに決まり、他の人はその人がそうだ、ということを知ることは出来ません。
    人狼は毎晩ひとりずつ村人を襲うので、
    昼間に仲間から人狼らしき人を一人選んで犠牲になってもらうことで、
    なんとか退治したいと考えます。

    昼にみんなで話し合い、犠牲者を決め、夜は人狼の襲撃におびえながら休みます。
    (実際はそれぞれ数分ずつで進みます)
    そうして、人狼を退治するか、人狼に対抗出来ないくらい村人が減ると、
    勝敗が決まるというわけです。
    村人を助ける特別な能力を持った村人もいます。

    いろいろな特別ルールや能力があり、そこから選んでゲームを作りますし、
    なにより会話で成り立つゲームなので、毎回毎回違う印象のゲームになるのが魅力なのです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM