石巻のおいしいもの

0
    ちょっと前のことなのですが。

    石巻に嫁いだ友人が、食べることがまあ好きで、
    twitterをのぞくと8割食べることの話で、
    石巻のあれがおいしいこれがおいしい、というつぶやきぶり。

    彼女のつくるごはんはいつも、とてもおいしくて、ちょっとだけ創作的なんです。
    その彼女がおいしいとつぶやくそれらは、ますます魅力的にうつりました。

    たびたび、おいしそう、いつか食べにいく、と返事していたのですが、
    ふと、
    彼女のセレクトした「石巻のおいしいもの」を箱に詰めて送ってもらえたら楽しいだろうなあ、
    と思いお願いしたところ、快諾してもらいました!

    そして届いたのがこの段ボール。



    なんどか彼女のつぶやきで見ていた「粟野蒲鉾店」の名前が入っています。
    地元のもの! って感じでまたうれしい。
    このなかに石巻のおいしいものがつまっていました。



    まずはその「粟野蒲鉾店」から。



    こういう包み紙を見るのも楽しいです。
    今回友人は、お店で買った包装そのままに送ってくれたので、
    買い歩いてきて、さあどれから開けようか、というときの、
    うきうきした気持ちも受け取ることができました。

    この中には、



    粟野蒲鉾店の笹かまぼこ。
    魚の香りがつよく、ふわっとしています。
    いままで笹かまで食べたことない食感。
    そして、



    今回の話の発端になった、カステラ蒲鉾。
    これがどんな味か気になる、というところから始まったのでした。

    甘いかまぼこですが、それがぜんぜんおかしくない。
    しっとりとしたカステラという感じ。
    飲み込んだあと、鼻の奥にかすかに魚のこうばしいような香りがただよいます。
    伊達巻きが好きな方ならきっと好きだと思います。



    白謙蒲鉾店」からは練り物各種どっさり。



    笹かまぼこは、魚の香りが強いのはもちろん、こちらはもっちりした食感。
    石巻の笹かまに比べると、仙台のものは、ぷっちりとした食感で味は上品、という印象です。
    仙台は仙台でまたお店によって違うのかな。食べくらべしてみたいです。

    あげかまは、一種類ずつ温めてそのままいただいたあと、
    残りは薄味の出汁でおでんのように軽く煮てみました。
    これが、おどろくほどふんわりふくらんで美味しい!
    ただ、火から下ろすとすぐにしゅーんと縮んでしまうんですけどね。
    それでもふんわり食感は残ったまま。
    おでん種としてオススメしたいです。



    高政」からはあげかま2種。



    あげかまはコクが出るので好きです。
    温めて生姜のすりおろしを添えていただきました。



    そして「高重かまぼこ店」。



    この右のチーズ笹かま、いままで食べたチーズかまぼこの中でいちばん美味しかった!
    チーズがちゃんと笹かまと一緒に食べておいしいチーズなんです。

    チーズもかまぼこも大好きなので、この組み合わせは大好きなのですが、
    それぞれ買って来ていっしょに食べても変わらないんじゃないかな、という味ではありました。
    口の中でどっちかの味に偏る感じ。

    これはちゃんと混ざり合うし、それぞれの主張もしてると思いました。
    チーズかまぼこが好きな方にはほんとオススメです!

    けずり節もおいしかった!
    まずは、炊きたてごはんにけずり節をのせておしょうゆをひとまわし、で食べてください、
    と言われたので、その通りやってみたら、これがまあしあわせ。



    そしておまけのように入ってた、



    萬楽堂」の黄金ごまゆべし。
    芳ばしいごまの香りがふんわりと香っておいしかったです。



    萬楽堂さんは袋のイラストもかわいいのです。



    どれも期待を裏切らずおいしかった! という一言に尽きます。
    かならずしも特別感のある味ではないけれど、
    これが毎日の食卓を彩ってくれてたらしあわせだなあと思います。

    なかなか感想をまとめる時間がなかったので、もうひと月前以上前のことになるのですが、
    その間にもいろいろな商品が復活したりしているようです。
    まだたのしみが残っているかと思うとうれしい。



    友人が夫婦でやっているブログ「石巻百景」で、
    【参加者募集】石巻のかまぼこ食べ比べ大会」というエントリーも上がっていますので、
    興味のある方、練り物の大好きな方、よかったら参加してみてください!



    石巻百景は震災直後から始まりました。
    震災の被害も、そこからの復興も、日々の生活も、
    同じ視点で切り取られ、そのまま見せてくれます。
    もちろんここにあるのがすべての風景ではないと思いますが、
    友人の生活に思いを馳せるひとつの窓口として、更新を楽しみにしています。

    ボリビアの三目並べ

    0
      友人がいま世界一周の旅に出ているのですが、
      行く先々で見つけた雑貨を「地球屋」というウェブショップで販売することになりました。

      第一弾はボリビアの雑貨。
      友人のツイートやショップの事前告知で見て気になっていたゲームがほしくて、
      入荷の知らせを見ておおあわてで買いました。

      ひつじときつねの三目並べです。



      盤面の柄もすてきだし、
      コマの作りもけっこう細かくてかわいい。
      持った時に重みがあるのもいい感じです。


      きつね「食いたいなー」
      ひつじ「やだなー」

      ひつじの目が意外とこわい感じなのもこういう海外の雑貨ならではな気がします。

      ルドというゲームも盤面のイラストがよくてとてもほしかったんですが、
      こちらはすでに売り切れていました。

      ひとまず目当てのものだけでもと購入したのですが、
      ほかにもいろいろおもしろそうなものがあるので、
      改めてゆっくり見て回りたいと思います。



      友人のブログはこちらです。

      World Traveler Diary

      ニューヨークから始まって、アメリカ横断、南下してきていまは南米にいるようです。
      私もなんどか海外旅行をしていますが、整った都市が多かったので、
      南米のレポートを読むと、見たことのない景色なんだろうなと、あこがれます。

      泊まったところや移動手段などの細かいメモも多いので、
      実際に旅行される方にもオススメしたいブログです。

      東京トレンドランキングにドロッセルマイヤーズが載りました。

      0
        東京メトロで配布しているフリーペーパー「東京トレンドランキング」に
        縁の深いドロッセルマイヤーズさんが掲載されました。

        今日出かけたときにラックを見たらまだあったので、もらってきました。



        巻頭特集が中野です。
        その中でも一番最初の見開きに載っていました。
        写真もなかなか大きめの扱いです。
        そこに、アダムとイヴが……!



        自分がデザインしたものがこうやって写真で掲載されるのって嬉しいです。
        デザインがそのまま載るのとまたちょっと違って、
        ちゃんと世の中に存在してるものを作ったんだなあ、という実感がわいてきます。

        うわさのGumroadをつかってみました。

        0
          詳しくは
          http://fladdict.net/blog/2012/02/gumroad.html
          こちらのサイトをみていただくのがいちばんわかりやすいと思います。
          私もこのブログを書いている深津さんのtwitterで知りました。

          とりあえずこのブログにはってある温泉猿の写真を購入。
          メールアドレスとクレジットカードの情報を入力して、
          すぐ、ダウンロード先のお知らせが届きました。
          本当にかんたん。

          しかもサイトデザインも良くて、入力項目もわかりやすい。
          クレジットカードの番号を入力すると、
          右肩にカード会社の種別(VASAとかアメックスとか)が出たり、
          CV CODEに入力しようとすると、カードの裏のマークになったりするのが、
          また細かいとこなんですけど、ぐっと来ました。

          購入完了すると



          こんなふうにレシートが出ます。
          べろっと。
          かわいい。


          アップする側も試してみたいと思い、とりあえず手元の犬の写真を。



          おー、本当にぱっとできた。
          でもただ犬の写真ってのも、と思ったので、



          昨日アップしたモンQの壁紙を作ってみました。
          それぞれ画像にもリンク貼っていますが、壁紙の購入画面はこちらです。

          もしよければぽちっと。よろしければ。


          こういうことはやる回数が増えれば増えるだけ、
          使う人が増えれば増えるだけ、浸透するものなように思うので、
          どんどん使う人も機会も増えるといいなあと思います。

          団地マルシェ

          0
            先日、東急田園都市線の青葉台駅からバスで30分ほどのところにある、
            団地の中のショッピングセンターを通りがかることがありました。

            大手スーパーと、地元の酒屋、八百屋、肉屋、パン屋、ファストフード店など20店弱が集まる
            そこそこ規模のあるショッピングセンターだったのですが、
            一角がステージのある広場になっており、
            そこでダンチ de マルシェというイベントが開催されていました。

            どの店も陳列がうまくて、遠目にも惹かれる雰囲気。
            人があふれてるわけじゃないけど活気に満ちていて、
            どのお店の人もお客さんに声をかける口調に熱があり、
            それが雰囲気を良くしているのが分かりました。

            並んでいる商品も、
            ちゃんと自信を持って選んで持って来ています、という感じで、
            どれもおいしそうだし、スーパーで見ないようなものばかりだったので、
            ついいろいろと買ってしまいました。


            左から

            青森産にんにく(まとめ買いしたときのいい保存方法教えてくれた)。
            ルッコラのペースト(試食させてくれるおじさんが情熱的で話長かったけどほんとおいしかった)。
            キムチ(重くなるから断念したけど壷入りの欲しかった)。
            殻付きアーモンド(殻なしよりジューシーな気がする)。
            ベーコン、豚肉のリエット(ベーコンはいくつかのパックからおすすめのもの選んでくれたのがうれしかった)。

            家が近かったら野菜も買いたかった……。
            ちぢれほうれん草とか娃々菜とかあっておいしそうだった……。

            ケータリングがいろいろ出てたし、
            キムチのお店でサムゲタン出してたり、
            ベーコンのお店でポトフ出してたり、
            鮎を塩焼きしてるところもあったり、
            買いものだけじゃなくて長居するのも楽しそうでした。
            ステージでは歌ってる人もいたし。

            派手じゃないんだけど、
            人がわくわくするものをほどよいバランスで集めていて、
            どの程度の規模で、どういう雰囲気で開催したいかというイメージが出来ていて、
            その通りに実現出来ている、という印象がありました。

            畑違いではあるけど、なんだか触発されました。

            ここ2日で買った本と本屋さんのこと

            0
              しっかりとイラストを描くことになり参考資料を探しに本屋に出かけ、
              ひさしぶりにいろいろ本を買いました。
              ちょっと長いですけど、所感もふくめご紹介。


              左から

              動物の描き方
              Jack Hamm

              動物の骨の構造や、アタリから描き起こすまで全部スケッチで説明しているので、
              すごくわかりやすい。
              この人のタッチが好きです。
              原研哉さん、山中俊治さんのスケッチがすごく好きなんですが、
              それらを見たときの感覚に似ています。
              眺めてるだけでも楽しい。
              文章もやわらかく、ていねいな講義を受けているような気持ちになります。

              ---

              お医者さんのながいながい話 (チャペック童話絵本シリーズ)
              Karel Capek

              版画っぽい着彩の参考を探していて目についたのがこれ。
              型染めかなと思ってたけど、開いてみたらちゃんとそう書いてありました。
              カレル・チャペックも好きなのでうれしい。
              小さいころ、このタイトルが気になっていたのを思い出しました。
              結局読まずじまいだったけど、なんで読まなかったのかは謎。

              ---

              悪い本 (怪談えほん1)
              宮部 みゆき (著)/東 雅夫 (監修)/吉田 尚令 (イラスト)

              怖い絵本は絵がキツすぎて怖すぎて好きになれないことが多いんですが、
              これは絵が好きで、なおかつじわじわくる怖さなので気に入りました。
              これを小さいときに読んだら確実にトラウマになること請け合いです。
              でもそういうトラウマって、
              大きくなったときに自分にとって欠かせない一部になっていることが多いように思います。
              もうちょっと具体的な話だったらもっとよかったなあと思ったのですが、
              そうじゃないからこそ、だれにでも怖い本かも。

              ---

              ハイパーアングルポーズ集
              創美社編集部

              テレビで紹介されていたのを見て、気になっていた本。
              アオリばっかりのを期待したら、半分くらいだったのでちょっと残念。
              でもそれだとポーズ集としては偏り過ぎですもんね。
              今時感のあるポーズが多いので、まんがイラスト等への参考資料としてすごく良さそう。

              ---



              その後家に帰ってきて、
              本屋で気になったけど原書で欲しかったもの、
              重くて持って帰るのがつらそうだったものなどを合わせてAmazonで購入。


              左から

              Lost Thing
              Shaun Tan

              本屋で「アライバル」という絵本が良かったのですが、
              実写的な人物の絵が多かったので、
              その中でももっと創造的なクリーチャーよりの絵が多いものがいいなあと思って、ジャケ買い。
              コラージュのような感じとか質感とか、とても好みでした。

              ---

              I Want My Hat Back
              Jon Klassen

              本屋でこのくまにひとめぼれ。
              ただ、邦訳が肌に合わなかったので、帰ってきてから原書を探しました。

              ---

              Tales From Outer Suburbia
              Shaun Tan

              これもショーン・タンの本。
              いくつかの話が入っていて、絵のタッチもいくつかあったので、
              資料としてもなかなか良いものでした。

              ---

              世界で一番美しい元素図鑑
              Theodore Gray/Nick Mann

              たしかに美しい!
              本文デザインがすごくうまくて、パッと開いただけでワクワクします。
              これらの元素がなにに使われているかというのもすぐわかり、
              元素を身近に感じるという不思議な体験。

              ---



              最近はamazonで欲しいと思った本ばかり買っていたけど、
              本屋さんにでかけていって感じた、目に入ってくる物の情報量とつながりは、
              webのレコメンド機能と似ているようでぜんぜん違うことなのかもなと思いました。
              辞書を引くことと電子辞書で検索することとの関係にも似ています。

              それを強く思ったのが、今回出かけた丸善 丸の内店の中にあった「松丸本舗」。
              ディスプレイがすごくおもしろかったです。

              本もコンセプトも雑然とぎゅうぎゅうに並んでいるので、
              なにか見つけたい本、関連性のある本を探しにいくとストレスでしかないとおもうんですが、
              棚をながめながらぐるぐる見て回っていると、
              気になる本を見かけて、それを手に取るとその奥にもっと気になる本があったりして、
              この本がすきな自分は、たしかにこの本もすきだ!
              でもなんのつながりもない! 不思議!
              というおもしろい体験をしました。

              松丸本舗はそういう意味で、非常にコンセプチュアルで特殊な空間として作られているけれど、
              普通の本屋さんでもそういうことは体験出来るわけであって、
              ネットで買う便利さも大事だけど、出かけていって体験することも大事だよなあと思いました。

              12月15日の日記

              0


                試作中のカードゲームのテストプレイをお願いしてきました。
                3回目です。

                いままで1人で2人分の手札を担当する疑似4人プレイしかしたことがないのですが、
                初めて3人目が加わって、1人1人分で3人プレイを試すことに。

                また具体的な改善ポイントが見つかったのですが、
                初めてプレイしてもらった人の反応が良かったので一安心でした。

                まとまった!って思っても、
                いざ実戦してみるとシステムに詰め切れていない部分が見つかったり、
                思ったように人が動かなかったり。
                なかなか完璧というわけにはいかないようです。

                でもガッカリもしないし、じゃあこれはどうだ、って考えるのが楽しい。
                それはゲーム作りに付き合ってくれる友人が、
                つまんないものをやらされた!って顔ひとつせず、感想を教えてくれたり、
                時には一緒に考えてくれてるから、それも楽しいのだと思います。


                なんだか形になりそうなので、
                次回からゲーム作りのカテゴリーを作って経緯を書き綴ってみたいと思っています。

                12月13日の日記

                0

                  JAMBOXを買いました!

                  JAMBOX発売当時、話題になって気になっていましたが、
                  そこそこお値段するものですし、
                  仕事用のMacProには、もらってきたWindowsPCの付属品のスピーカーをつないでいて、
                  事足りているので、後回しにしていました。
                  が、最近音がなっていない間、ブブブブーーという雑音がなるようになってしまい、
                  これがなんとも気になる音なのです。

                  つけたばかりの棚がちょうどよいので、そこに。

                  音質もよく、場所も取らないし、
                  前のはPCのヘッドホンの出力ジャックとUSBを占拠していたのがなくなって、
                  とてもすっきり。
                  大満足。


                  ただ、仕事用のMacProからBluetoothで流すときだけ、
                  どうも調子が悪いのです。
                  電波の入りにくいラジオのように、音量と質が安定しません。

                  これはこのMacProを買い替えるべきかな……と、
                  必要にせまられる振りをして新しい散財の誘惑が……。

                  12月10日の日記

                  0
                    黒沢健一の12月のシアターコンサートももう3年目。
                    L-Rというバンドのボーカルだった人といえばわかる人も多いでしょうか。
                    解散後、ソロ活動をメインに、いろいろバンドをやっています。

                    L-Rデビュー当時から好きだったんですが、
                    数年前、長い付き合いの友だちも好きだというのがわかり、健ちゃん熱が再燃。
                    そこでライブを調べたら、その年はじめてシアターコンサートをやります、
                    というので行ってみたのが最初でした。

                    今年ももちろん良かったです。
                    アンコールのONE IS MAGIC〜Rock'n Roll Bandが特に良かった。

                    セットリストを上げている人がいたので、それをながめつつ、
                    持ってない音源があったのでそれをamazonでポチッと購入。

                    友人と終演後、
                    新曲結構あったね、そろそろ新しいアルバム出るってことじゃない?
                    って話してたけど、
                    セットリストみたら新曲2曲でした。
                    私たちほんとうにファンなのかしら……。

                    それもあって、
                    音源全部集めようと思ったのでした。

                    12月9日の日記

                    0
                      ラピュタ観てます。

                      ラピュタの外壁のぼれそうだな……ってつぶやいたら、
                      ボルダリング脳すぎて笑われました。
                      でも共感してくれる仲間もいました。よかった。


                      あの気の根っことかほんと楽しそうです。


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM